忍者ブログ

ゲームが趣味の管理人が日々ネタを探して書いてます。

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/17 ぎの。]
[04/01 クボジュン]
[02/27 クボジュン]
[02/14 クボジュン]
[01/15 ぎの。]
最新トラックバック
(10/01)
プロフィール
HN:
Noi
性別:
女性
趣味:
ぐーたら、ゲーム
自己紹介:
本当にちまちまゲームを進めています。
ただ今、モンハンと初音ミク-Project DIVA-にハマり中
バーコード
ブログ内検索
P R
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日記書く画面が一瞬バグりました。

抜いてきました。親知らず(TдT)
正直、行くの怖かったので午前中は飼い犬の病院に歩いていくことで気を紛らわせていました(片道1時間)。

診察室に入ると、まず麻酔。
前の虫歯の際、そんなに痛くなかったので大丈夫だろと思っていたら――



めっちゃ痛い(Tд⊂)



昔、小学生の頃にトラウマになった痛みそのものでした。
それでも、成長はしていたか泣くことはありませんでした(当たり前だ)。

んで、麻酔が効いてきた頃に抜歯。
横の机には器具がいっぱい並んでいて、先生は器具を順番に使っていたのですが、麻酔で感覚がないので口の中がどうなっているのかわからない状態。
痛みもまったく感じなかったので、いつ終わるのかな~?と思って横見たら――


血まみれのガーゼが並んでいました。


意外に口の中は惨状を見せていたみたいです。
そんなこんなで10分という短い時間で抜けた親知らず。
ガーゼ噛んで止血していたうちに、先生は聞いてきました。


「抜いた親知らず、いる?」



そんなサービスは頼んでない!

щ(゜Д゜щ)




まさかの質問に、うちもつい「うん」と答えていました。

えっと…上の歯は家の下に放り込むんでしたっけね?

ビビったわりにはあっさりと終わった抜歯。
麻酔が切れて、痛みが襲い掛かってくる頃、親知らずの本当の恐ろしさを知るのです。

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL